第41回 Stuttgart  特設サイト

第3信が発行されました。7月12日

第3信 Ver3.pdf
Adobe Acrobat Dokument 4.6 MB
集いスケジュール 最終版.pdf
Adobe Acrobat Dokument 6.0 MB

NEW:本大会のメッセージの概要がお読みいただけます。

しおり・第3信(本大会 集会概要)2024 v2.docx
Microsoft Word Dokument 29.0 KB
キリスト者の集い 第2信 最終版.pdf
Adobe Acrobat Dokument 1.5 MB

メッセージ概要

7月25日(木)19:30~21:00 開会礼拝 

佐々木良子先生(ケルン・ボン日本語キリスト教会、ドイツ)

聖書箇所:創世記45:5~15「神の時を信じる幸い」

 

イエス様は、「時をよく用いなさい」、また一方では、「時を見分けることを知らないのか」と、仰せになりました。この御言葉は、混沌とした現代に生かされている私たちにも語っておられるように思います。そこで、創世記のいわゆる「ヨセフ物語」から、ヨセフの波乱万丈の生涯を通して、最悪としか思えない時を、「神の時」として信じる幸いを見て参ります。そこにはあらゆる可能性に開かれた人生が待っていて、神が最善のものを手渡してくださるのです。

 

25 July, 19:30-21:00  Opening Service 

Rev. Ryoko Sasaki (Japanische Evangelische Gemeinde Koln/Bonn, Germany)

Genesis 45:5-15 “Blessed to believe in God’s time” 

 

Jesus said, “Make the best use of the time,” but he also he said, “Why do you not know how to interpret the present time?” These words are also spoken to us who are living in the chaotic modern times. Through the story of Joseph’s turbulent life as written in Genesis, we will look into the blessings for those who believe that there is “God’s time,” even in what appears to be worst the times. A life full of possibilities awaits you, and God will give you the best.    

 

 

7月26日(金)7:00~7:30 早天祈祷会 

川上寧先生(Japanese Christ’s Disciples, ベルギー)

聖書箇所:マルコの福音書12:41~44「主にささげて生きる時」

 

「ささげる」という行為は、キリスト者から切り離すことができないものです。賛美をささげる、感謝をささげる、祈りをささげる、献金をささげる、礼拝をささげる、自分自身をささげる(献身)等々。これらのものを私たちは主なる神にささげますが、この「ささげる」とは命をかけることでもあります。礼拝とは、そもそも犠牲の生贄をささげることでしたし、主イエスもご自身を聖なる供え物として神にささげてくださったからです。

 

26 July, 7:00-7:30  Morning Prayer Meeting

Rev. Yasushi Kawakami (Japanese Christ’s Disciples, Belgium)

Mark 12:41-44 “A time when we offer our lives to the Lord” 

 

The act of “offering” is inseparable from being a Christian. We praise, give thanks, pray, donate, worship, and offer ourselves (dedication), etc. We offer these things to the Lord, but this “offering” also means risking our lives. Worship originally meant offering sacrifices, and the Lord Jesus also offered Himself to God as a holy offering. 

 

 

7月26日(金)10:00~11:30 特別講演 石堂ゆみ氏

聖書箇所:イザヤ書41:4「反イスラエル・反ユダヤの世界に備える」

 

私は、1989年にイスラエルの病院で働いている時に救われました。以来、30年以上になるイスラエルとの付き合いを通して、主は実質的に存在する神であり、救いもすべてがリアルなことであることを実感しています。イスラエルは、その事実を、彼ら自身の素晴らしさではなく、失敗と苦難を通して証ししています。反イスラエル、反ユダヤが正義になる世界で、どう理解し、どう生きるのかを考えます。

 

26 July 10:00-11:30  Special Seminar  Ms. Yumi Ishido

Isaiah 41:4  “Prepare for an anit-Israel / anti-Semitic world”

 

I was saved in 1989 while working at a hospital in Israel. Since then, through my relationship with Israel for over 30 years, I have come to realize that the Lord is God who actually exists, and that the salvation is real. Israel bears witness to that fact not through their own greatness, but through their failures and hardships. We will consider how to understand and live in a world where anti-Israel and anti-Semitism becomes justice.   

 

 

7月26日(金)19:30~21:00 礼拝 

ディーター・ヘーゲレ先生(デュッセルドルフ日本語キリスト教会、ドイツ)

聖書箇所:詩篇90:1~17(表題「神の人モーセの祈り」も含む)「知恵の心を得させてください」

 

モーセは「どうか教えてください。自分の日を数えることを。そうして私たちに知恵の心を得させてください。」と祈り、限られた人生の中で何が最も大切かを神様が覚えさせてくださるように願っています。モーセが指摘する知恵とは何かを確認して、知恵の心を得た者としてどう生きるかについて共に考えたいと思います。

 

26 July 19:30-21:00  Worship Service

Rev. Dieter Haegele (Japanische Evangelische Gemeinde Duesseldorf, Germany)

Psalm 90:1-17 (A prayer of Moses the man of God)  “Give us a heart of wisdom”

 

Moses prays, “Teach us to number our days that we may get a heart of wisdom,” and he hopes God will help us remember what is most important in our limited lives.  We would like to confirm what kind of wisdom Moses pointed out and consider how we should live as people who have acquired such a heart of wisdom.  

 

 

7月27日(土)7:00~7:30 早天祈祷会 

増谷啓先生(オランダ南部日本語キリスト教会、オランダ)

聖書箇所:ヨハネの福音書4:5-7 「平和を築く3ステップ」

 

今の世に遣わされた私たちは、どのように平和を築くことができるのでしょうか?イエス様は、サマリアの女性と井戸で出会い、彼女と会話をし(Engagement)、受け入れ(Accept)、証(Testify)をすることの大切さを示されました。これら三つのステップ(E・A・T)から、平和を実現するイエス様の方法を学び、祈る時としたいと思います。

 

27 July 7:00-7:30  Morning Prayer Meeting

Rev. Akira Masutani (Japanese Church of the Southern Netherlands, Netherlands)

John 4:5-7  “3 steps to build peace”

 

How can we build peace in this world? Jesus met a Samaritan woman at the well and demonstrated the importance of Engaging, Accepting, and Testifying. Through these three steps (E.A.T.), we will learn and pray about His way of achieving peace.

 

 

7月27日(土)9:30~10:00 会衆賛美 横山大輔・和子ご夫妻

 

昨年に引き続き、プロのゴスペルシンガーとして活躍されている横山大輔・和子ご夫妻による会衆賛美の時を持ちます。今年はユースもリードに加わり、みんなで一緒に主をほめたたえます。

 

27 July 9:30-10:00  Praise Time  Daisuke & Kazuko Yokoyama

 

Continuing from last year, Daisuke and Kazuko Yokoyama, who are active as professional gospel singers will lead singing the praises. This year, the youth group will join in the lead. Let us all praise the Lord together.  

 

 

7月27日(土)10:00~11:30 特別講演 

マルティン・マイヤー先生(スイス日本語福音キリスト教会、スイス)

「イスラエルの現状を聖書の視点から見て」 

 

現在、イスラエルとハマス・テロ組織との間に激しい戦争が続いています。この対立の原意は、聖書の視点から見てどのように理解すればよいか、一緒に学びましょう。

 

27 July 10:00-11:30  Special Seminar

Rev. Martin Meyer (Japanische Evangelische Gemeinde Schweiz, Switzerland)

“Viewing the current situation of Israel from a Biblical perspective”

 

There is currently a fierce war between Israel and the Hamas terrorist organization. Let us learn together how to understand the original meaning of this conflict from a Biblical perspective.

 

 

7月27日(土)14:00~15:30 祈りの時間 

船越真人先生(オデッサ教会、ウクライナ)

「ウクライナ宣教」

 

昨年に引き続き、ウクライナで宣教活動を続ける船越真人先生より、現地住民への支援・宣教のお働きについてご報告をいただき、みなで祈りの時を持ちます。一日も早い平和回復を願いつつ、ご一緒にこの尊い働きに携わっていきましょう。

 

27 July 14:00-15:30  Prayer Time

Rev. Masato Funakoshi (Holy Trinity Church, Odesa, Ukraine)

“Mission in Ukraine”

 

Continuing from last year, Rev. Masato Funakoshi, who is sent for mission in Ukraine, will report on his support and missionary works for local residents, and we will all have a time of prayer. Please join us in this precious work while praying for the restoration of peace. 

 

 

7月27日(土)19:30~21:00 礼拝 

渥美充代先生(ミラノ賛美教会、イタリア)

聖書箇所:ルツ記1:6~22「苦難の果てに待つ神の恵み ルツ記が伝える神の時」

 

苦難の中にある時、その先に神様が備えておられる恵みが待っていることに、私たちはなかなか気がつかないものです。夫と息子に先立たれ、異国の地で異邦人の嫁と残されたナオミの深い悲しみと絶望はいかばかりであったでしょう。「主は私を素手で帰された」とナオミは言いましたが、彼女にすがりつき離れなかったルツを通して、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを私たちは知るのです。

 

27 July 19:30-21:00  Worship Service

Rev. Mitsuyo Atsumi (Milano Praise Church, Italy)

Ruth 1:6-22  “God’s grace awaits at the end of hardship: God’s time shown in the book of Ruth“

 

When we are in the midst of hardship, we often fail to realize that God’s blessing awaits for us at the end. Naomi, who lost her husband and sons and was left alone in a foreign land with her foreign daughter-in-law, must have felt deep sadness and despair. Naomi said, “The LORD has brought me back empty.” But through the life of Ruth who clung to Naomi, we see that all things work together for good for those who are called according to God’s purpose. 

 

 

7 月 28 日(日)7:00~7:30 早天祈祷会 

ラインハード・ベルンス先生(ハンブルグ日本語福音キリスト教会、ドイツ)

聖書箇所:伝道者の書 11:1~6「神の原則を基にして生きる」

 

数年前なら、コロナがくる、ウクライナの戦争が起こると誰も思わなかったのです。将来において何か起こるか分かりませんが、今どのように生きたら良いか、伝道者の書がアドバイスを与えてくださいます。

 

28 July 7:00-7:30  Morning Prayer Meeting

Rev. Reinhard Berns (Japanische Evangelische Christliche Gemeinde Hamburg, Germany)

Ecclesiastes 11:1-6 “Live by God’s principles”

 

A few years ago, no one would have thought that the coronavirus would come or that there would be a war in Ukraine. We don't know what will happen in the future, but the book of Ecclesiastes gives us advice on how to live now.

 

 

7 月 28 日(日)10:00~11:30 合同礼拝 

矢吹博先生(フランクフルト日本語福音キリスト教会、ドイツ)

聖書箇所:ヨハネの福音書 4 :27~42 「私たちは今、何を見ているのか」

 

主イエスは、対話によって一人のサマリアの女性を導かれた。そして、この出来事には、イエスと弟子たちとの間の不思議な対話も織り込まれている。実際の食物のことを考えていた弟子たちに、「父のみこころを行うことがわたしの食物」だとして、弟子たちをその「食物」、為すべき務めへと招かれた。さらに、弟子たちが為すべき務めが、救いに与った女性によってすでに始められていた。この時イエスは何を見ておられたのか。今、私たちは何を見ているのだろうか。

 

28 July 10:00-11:30  Joint Service

Rev. Hiroshi Yabuki (Japanische Evangelische Christliche Gemeinde Frankfurt am Main, Germany)

John 4:27-42  “What are we seeing now?”

 

The Lord Jesus led a Samaritan woman through a conversation. The story also includes a mysterious dialogue between Jesus and his disciples. Although the disciples were thinking about actual food, Jesus said, “My food is to do the will of him who sent me and to accomplish his work,” and He called them to “food,” and that was the work that they were supposed to do. Furthermore, the work that the disciples were to do had already been begun by the woman who were saved. What was Jesus seeing at that time? What are we seeing now?